運命が変わる!運気が上がる!『家相占い』を紹介【突然ですが占ってもいいですか?】

バラエティ

どうも、ラベ*モカです!

今回は7月8日水曜日放送の

『突然ですが占って良いですか?』より

お家に関する占いについて放送されていたので

その内容を詳しく紹介していきたいと思います!

引っ越しを考えている、最近なんだかうまくいかない気がする・・・

占い類のことが大好き!運気上げたい!!

私も楽しみにしていた今回の放送回。みなさん必見です!!!

運命が変わる?!『家相』について【突然ですが占って良いですか?】

運気は『家相』によってスゴく変わる!!!

好きな時に引っ越しをしたりするが、意外と人生の分かれ道になっている。

「引っ越したいと思った時が引っ越すタイミング」

というのも耳にしたことはありますが、実は違うそうで。

運が良い人 引っ越したい時期」運が上がる時期」

両方のタイミングが自然と合っているそうです!

一般的に運気アップの引っ越し時期は、年に2〜3回あり

  • その人の生年月日
  • 引っ越した時期や方角
  • 選んだ家
  • 間取りや向き
  • 水回り

その全てを取り入れた方法が『家相占い』です!

家相鑑定士 村野弘味

元々村野先生は、借金を6億円ほど抱えていた時期があったそう。

やっと6億円から8,000万円になった時、今度は人に騙されたりした結果

鬱になったり、ガンを患ってしまったり、何度も精神がボロボロになる経験をされています。

そんな頃に、あまり上手くいっていなかった知り合いの社長さんが

久しぶりに再会したら大ブレイクしていたので、

「なんでそんなに人生が大きく変わったの?!」と聞いたところ

”引っ越した方角や住んでいる家の方位っていうのがあるんだよ”

と教えてもらったのをキッカケに、取り入れて、この家相鑑定士を始めたそう。

とても奥が深いですね、家で運気が変わるなんて、普段はあまり考えないです。

さて、そんな村野先生が今回教えてくださった「運気を上げる家」のポイントを4つ

簡単に説明してくださっているので、ご紹介しますね!

鬼門ラインに観葉植物を置く!

鬼門ライン・・・北東から南西を通る道のこと。

これは日本中どこであっても、鬼門ラインは同じです。

この鬼門ラインは、俗に言う「邪気」悪い気が流れる場所なので

このラインに少しでも気を浄化するものを置く”と良いとされます。

先生がここで紹介したのが、観葉植物。

気が悪い家では、よく観葉植物が枯れてしまうと言う場合は

その家の中の悪い気を吸い取ってくれている証拠なので

必ずよく感謝をして、どんどん新しい観葉植物を置いていくと◎

学力向上には机を北向きに置く!

机の向きにも色々あります。

  • 学力をアップさせたい時・・・机を北向きに。
  • 発想力をアップさせたい時・・・机は南向きに。
  • 新しいことを始めたい時・・・机を東向きに。
  • 人付き合いを良くしたい時・・・机は西向きに。

どれも良くしたいから迷ってしまう!!という時は、

その時の1番の目的に合わせて配置し、数ヶ月ごとに机の向きを変えるのがベスト。

スポンサーリンク

玄関の靴や傘は、見えないように収納する!

玄関は良い気の通り道。

そこに、履いていない靴や傘などが置きっぱなしになっていると

その汚い場所を通って気が入ってくるので、

家の中の気が、全部汚れてしまう!!!

なので、できるだけ扉のついた下駄箱や、扉がない場合には

カーテンなどの目隠しをつけ、見えないようにすることがポイント◎

不便さをやれば、運気はどこまででも上がるのだそう。

枕の向きは北枕!

1番大切なのは、寝る場所。寝室の運気です。

  • 北枕・・・1番運が上がる誰にでも良い位置!集中して寝れて、子作りにも◎
  • 南枕・・・発想力やクリエイティブにはこれが◎

昔、おばあちゃんや母から良く聞かされましたよね。

「北枕はいい」のだと。

ほんとうに良いのですね!昔の人は賢い。

そもそも家相(かそう)とは?


(引用;https://mbp-japan.com/osaka/oado/column/2713456/)

家相かそう)とは、土地や家の間取りなどの吉凶をみるもの。 風水と同じく中国から伝来したが、日本の神仏習合思想が深く関わりをもち、風水とは違い、日本独自の発展をしたものである。

(引用;家相 Wikipedia)

『家相』は日本古来からのもので

かつての徳川家も”家相占い”を使って繁栄させたと言われている学問なのだそう。

意外と歴史が深かったんですね。

「家相」と「風水」の違い

上で紹介したように、土地や家の間取りの吉凶をみるため
家相と風水が同じものと解釈する人が多いです。

実際には「家相」と「風水」は異なるもののようです。

  • 「風水」=基本的には土地の良し悪しを判断するもの。
    その土地の地脈や地勢、機構などの自然エネルギーを取り入れ運気をあげようとするもの。
  • 「家相」=その家に住むことで、どのような生活になるかを考える学問のこと。
    土地の良し悪しを判断する風水を間取りなどに限定したものが家相。
    風水から生まれ、全く違った宗教文化で育ったもので、言うならば風水は親、家相は子
    のような関係とも言える。

家相では、まず家の間取りからその家の中心を決めるところから始めます。

そこからトイレや台所、寝室などの具体的な配置についてみていくのですね。

まとめ

いかがでしたか?

特に占い好きの人は、毎週見るのを楽しみにしている方も多いはず。

今回は占いの中でも、私たちが何気なく選んでいる「家」で決まる

または変化させることもできる『家相』をご紹介しました。

結婚生活・家族や子供の性格にも関わるらしい、この『家相』。

確かに思い起こしてみると、過去の辛い出来事が引っ越した後だったり

果てしなく個人の感想ですが、自分の人生の分岐点においては

辻褄が合う部分も、多く感じられた気がしました。

将来お引っ越しをする時や、新しい土地を開拓しよう!と決めた時には

必ずここで紹介されたように

「お家の相」

を気にしながら、ハッピーな家探しをしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました